腎細胞癌腎盂癌掲示板

過去の記事です。検索することができます。 093531

記事検索:

4年検診クリアできました。
YOSHI(1096)投稿日:2006 年 7 月 31 日 22 時 00 分 <月>大阪府/男性/55才
皆さんこんばんは。いつも見させていただいているばかりですが、一年ぶりの経過報告をします。6月に4年後検診の骨シンチで再検査となりました。第9胸椎にホットスポット(異常集積)が疑われるとの検査結果となりました。それは骨転移の疑いというものです。一週間後MRIで再検査となりましたが、椎間板の変性突出が原因で骨転移ではないとの診断でした。昔ゴルフの練習のやりすぎで疲労骨折したところの部分かもしれません。骨シンチは偽陽性の場合もかなりあるようなのですが、先生によるとまず大丈夫でしょうということでした。骨シンチ検査はずっと半年毎にしており、8回目でそういう結果となりました。同様に肺のCT、腎臓のMRI、尿、採血も半年ごとにしております。皆さんの掲示板を拝見していますと、骨シンチはそんなに頻繁にされてないようなので、私の場合は当初ひっかかることがあったかも知れませんが、先生はそのことについては念のための検査という答えでした。再検査まではショックでいろいろと考えました。病は気からとはよくいうもので、悪いことばかり考えてしまい体調が悪くなってしまいました。現在は半年間隔の定期検査ですが、いつも検査前までは普通の生活をしており、まったく経過観察という身分を意識しませんが、検査直前はいつも不安な思いや、最悪の結果を想像してしまい平常心ではいられません。今回の検査結果ではとうとうか!という思いでした。幸いにして加齢による椎間板の異常ということのようでしたが、背中の痛みはあります。
ある姿勢の時にピリッとくる痛みです。ヘルニアのような感じがします。よってゴルフはここ2ケ月は自重しております。
また半年後の検査までは何もないことを祈ることしかできませんが、体調には気をつけて元気に過ごして行きたいと思っております。たばこはやめましたが、お酒はやめられません。ああ、それから執刀してくれた先生が7月から別の病院に移られましたので、私もその病院に変えました。どうもこの世界にも学閥があるようで、出身大学の多い病院間で転院があるみたいです。
皆さんはそういう経験はありませんか。

Res: 三川(1097)題名:よかったですね
投稿日:2006 年 7 月 31 日 23 時 00 分<月>東京都/男性/58才
 YOSHIさんこんにちは。
4年目の検診無事クリアーしたそうでよかったですね。
それにしても骨シンチでの再検査とは驚かれたことでしょうね。
でも結果は大丈夫ということで本当によかったですね。
その後の経過も報告してください。
http://toubyounomori.mikawanomori.com

腎細胞癌の分類について
三川(1093)投稿日:2006 年 7 月 31 日 18 時 11 分 <月>東京都/男性/58才
 腎細胞癌の分類について話題になっていたので、私が持っている「癌診療Q&A腎癌、腎盂・尿管癌、膀胱癌」にありましたのでのせます。
1998年のWHO腎実質上皮性腫瘍の組織分類でつぎの6種類になったとありました。

良性ー腺腫
 1)乳頭状/管状乳頭状腺腫
 2)オンコサイトーマ
 3)後腎性腺腫
悪性ー癌腫
 1)腎細胞癌
  1淡明細胞癌
  2顆粒細胞癌
  3嫌色素細胞癌
  4紡錘細胞癌
  5嚢胞随伴腎細胞癌
    嚢胞由来腎細胞癌
    嚢胞性腎細胞癌
  6乳頭状腎細胞癌
 2)集合管癌

ここでも嫌色素細胞癌はコロイド鉄染色要請で、予後が比較的良好である。
また、嚢胞随伴腎細胞癌は嚢方由来あるいは嚢胞形成を伴うもので、予後が比較的良好である。
と書かれていました。
参考になればと思います。
http://toubyounomori.mikawanomori.com

Res:himiko(1095)題名:三川さん、ありがとうございました。
投稿日:2006 年 7 月 31 日 20 時 27 分<月>
腎細胞がんの分類、コピーしてファイルしました。
勉強になります<(_ _)>
ありがとうございました。

スーテントについて教えてください
希望(1078)投稿日:2006 年 7 月 29 日 12 時 34 分 <土>秘密/女性/41才
はじめまして。私の妹の夫(34歳)が腎ガンになってから、よくこの掲示板を見させていただいています。今回は、1歳と3歳の子供を抱える妹に代わり、教えていただきたいことがあり書き込みしました。

義弟は腎ガンの中でも珍しい乳頭状腺ガンのタイプ兇箸いΔ發里蕕靴、今年2月に手術を受け右腎臓全部と癒着していた腸の一部を摘出しました。主治医は「これでもう大丈夫」という見解でほっとしたのもつかの間、5月末に腸から再発、肝臓にも転移してしまいました。術後にはインターフェロンを皮下注射、再発後はGDC療法で抗がん剤を投与しましたが、3日目に腹水がたまる副作用が出て中断。今はインターフェロンを腹水の中に入れています。

かなり状況が厳しくなってきている今、義弟の望みは「少しでも生きたい、少しでも子供たちといたい」ということ。そんな中、一縷の望みをかけ「スーテント」を個人輸入で取り寄せ、主治医の理解を得て来週から使うことにしました(もちろん治験でやれれば良かったのですが見つからなかったので…)。でも、主治医は妹の住んでいる地域では腎ガンで有名な医師ではあるのですが、スーテントを使うのは初めてですし、今までの診断も二転三転したこともあり、妹たちも慎重になっています。

そこで「スーテント」を使ったことがある方に、処方の分量・時間帯・期間など、服用の詳しい方法や注意事項、副作用のことなどを教えていただけたら思っています。ちなみに、個人輸入で取り寄せたのは25g30錠です。
どうぞよろしくお願いいたします。

追伸:もし、現在もスーテントの治験を募集しているところがありましたら、教えていただけると助かります


Res:負けないで(1080)題名:スーテントの使用について
投稿日:2006 年 7 月 29 日 18 時 11 分<土>男性52才
スーテントの治験を行っている本人です。あくまでも私の体験であり、すべての人に当てはまるわけでありません。主治医とよくご相談の上、使用してください。

1.服用方法
服薬期間:4週間の後、休薬期間:2週間の計6週間を1サイクルとして繰り返します。

2、服用量
1日最大50mg。決まった時間に服用。(治験の場合、最小は25mgでした。)
副作用を見て、主治医が減量、休薬を判断して決めます。

3.副作用
重篤な結果をおよぼしそうな持病として、狭心症・心筋梗塞等の心臓病と高血圧があります。心臓病に関してはわかりません。高血圧に関しては私もそうですが、降圧剤により下げます。
その他起こりうる副作用
発熱(対処法:解熱剤。生命に危険なレベルで休薬、回復後減量して再開)
好中球減少(対処法:1000以下で休薬、回復後再開。減量も考慮)
発疹、発赤、水疱、口内炎、鼻炎、肛門、陰部のただれ等の皮膚障害
(対処法:軟膏等の使用)
手足のむくみ(対処法:利尿剤の使用)
薬剤等の使用で対処できない場合は減量

4.判断
CTにより、腫瘍の大きさを判定して、効いているかどうか判断します。
効き方は個人により差があります。私も最近縮小率が下がっているので気になっています。

治験はもうすでに締め切られていると思います。

腎癌の種類に関してはわかりません。私は淡明細胞癌でした。やはり専門医師に相談なさるのがいいと思います。

ウェブ上で相談を受け付けている専門医師は、

がん患者のあきらめない診察室 
http://2nd-opinion.jp/

がんのWeb相談室
http://2nd-opinion.eee.ne.jp/

等があります。急ぐのでしたら、有料ですが、直接相談なさるのがいいと思います。

Res:希望(1084)題名:「負けないで」さん、ご回答ありがとうございます
投稿日:2006 年 7 月 30 日 12 時 15 分<日>秘密/女性/41才
「負けないで」さん、早速ご回答を頂きありがとうございます。妹も「分かりやすく丁寧に教えて頂いて心から感謝しています」と申しておりました。本当にありがとうございますm(_ _)m。

もちろん、薬の使用にあたっては主治医も各方面に聞いてくださっているとは思うのですが、やはり未承認薬で自己責任の度合いが高いため、なるべく多くの生の情報を手に入れておきたいというのが正直なところです。

この上、さらにお尋ねするのは大変心苦しいのですが、もし可能であれば下記の件も教えていただけると助かります。
1.服用の時間(毎日何時の服用ですか)
2.食前、食後、食間など特に指定はありますか
3.薬を飲んでいる間に食べてはいけない食品などの注意はありましたか(よくグレープフルーツなどがありますが…)
4.現在、何サイクル目になりましたか

どうぞよろしくお願いいたします。


☆「負けないで」さんの症状も快方に向かうことを心から祈っています。

Res:負けないで(1085)題名:スーテントの使用について
投稿日:2006 年 7 月 30 日 13 時 35 分<日>男性52才
1.服用の時間(毎日何時の服用ですか)
私の場合は、午前7:30でした。決まっていれば問題ないようです。その日に通院があれば、採血後の12:30頃になります。

2.食前、食後、食間など特に指定はありますか
食事は関係ありません。食中でもかまわないそうです。

3.薬を飲んでいる間に食べてはいけない食品などの注意はありましたか(よくグレープフルーツなどがありますが…)
グレープフルーツは禁止食物です。血管を拡張して効き目を弱くするそうです。同様に併用禁止剤のリストもあるはずです。

4.現在、何サイクル目になりましたか
4サイクル目です。
私の現状の問題点は職場復帰していることもあって、足のマメ、指の腫れ等と倦怠感です。入院中であれば手足の腫れ等は出ないとおもいます。

米FDAにスーテントの患者用の説明文(英文)があります。
Patient Information Sheet Sunitinib (marketed as Sutent)
http://www.fda.gov/cder/drug/InfoSheets/patient/sunitinibPIS.htm

Res:負けないで(1086)題名:補足です
投稿日:2006 年 7 月 30 日 15 時 16 分<日>
以下のサイトに医療従事者向けの情報があります。ただし、英文で内容はかなり高度です。FDAの方は辞書片手に何とかなりましたが、ちょっと歯が立ちそうにありません。

米ファイザーのスーテント情報サイト
http://www.sutent.com/

医療従事者向け
http://www.sutent.com/content/Sutent_P1_Resources_HCP.jsp

Res: ちょっと幸せ(1090)題名:海外癌医療情報
投稿日:2006 年 7 月 30 日 20 時 20 分<日>東京都/女性/48才
 希望さん、こんばんは。もうご覧になっているかもしれませんが、日本語に訳してある情報もあります(ただし、臨床試験情報、安全性、投与量、薬物間の相互作用および禁忌などの全処方情報(リンク)は英文のまま)。
http://www.cancerit.jp/NCIinfo/newly_approved/Sutent.html

Res:希望(1091)題名:情報ありがとうございます
投稿日:2006 年 7 月 30 日 23 時 09 分<日>秘密/女性/41才
「負けないで」さん、「ちょっと幸せ」さん、情報ありがとうございますm(_ _)m。手探り状態でとても不安でしたが、いろいろ情報をお寄せいただき心強く感じています。本当にありがとうございました。

Res: 三川(1094)題名:うまくいくといいですね
投稿日:2006 年 7 月 31 日 18 時 26 分<月>東京都/男性/58才
 希望さん初めまして。
義理の弟さん再発転移とかなりきびしい状況の様子辛いですね。

スーテントの情報は負けないでさんがとてもていねいに書いてくださりよかったですね。
スーテントを使用を検討しているそうで、なんとかうまくいくといいですね。
また何かありましたら書き込んでください。
http://toubyounomori.mikawanomori.com

スーテントの治験中
ガンバ!(1092)投稿日:2006 年 7 月 31 日 10 時 15 分 <月>秘密/女性
主人が現在スーテント治験中です。

主人は左腎臓摘出後(肺転移あり)インターフェロン自己注射開始
肺は縮小してたので安心してましたが、3ヵ月後腹腔内転移ありとの診断・・・・・
多発性だから手術しても再発の可能性大と言われましたが
元あった腎臓付近・脾臓・大腸の一部(腸壁がかなり薄くなってました)膵臓の外壁の腫瘍を取り除きました。
手術直後より敗血症ショックをおこし10日間人口呼吸器着けておりました。
一般病棟に移ってからも吐血等あり大変でした。
しかし1ヵ月たたないうちに新たな腫瘍が出来てました。
次は手術は出来ないとのことでしたので
さすがに本人には告知できずインターフロンを再開してもらいました。
3ヵ月後本人の希望によりCT検査を受けました。
最初は命の保障がなくても手術してもらいと希望しましたが
主治医の説明に本人も納得し、民間病院で出来る治療を受けることにしました。
しかし知り合いの医療関係者の紹介で治験があることを知り
現在に至っております。


現在3サイクル目の休薬中です。スーテントについては負けないでさんが詳しく書かれておりますので参考になりました。
主人の場合は副作用がかなりきつく、1サイクル途中で50mgから12,5X3に減薬しました。
特に手・足の当たるところに水膨れ(らくせきと言うそうです)舌の発疹・肛門ただれ等の皮膚障が辛いみたいです。状態がなかなか良くならず3サイクルの休薬を3週間とりました。
2サイクル目までの効果はかなりいい成績が出てますので、本人も辛いけど頑張っております。

がんに限らず病気で辛い思いをされてる方も多いけど
頑張るしかないもんね!!ファイト!!

返信ありがとうございますm(_ _)m
ちよ(1089)投稿日:2006 年 7 月 30 日 19 時 42 分 <日>東京都/女性/35才
私も予後良好というのはインターネットで見つけました...が、やはり気になりまして...病院によってはT2でも術後に免疫療法をしているようですし...私の主治医は、あまり話しの得意な人ではないと言いますか、端的にしか話してくれないんです(-_-;)次は9月にレントゲンと採血と採尿をするのと、明らかな転移が見つからない限り免疫療法はしない。と言われました。私の子供達はまだ小さいので、とにかく生きていなければ...という思いなんです。ここに来ているみなさんはどなたも頑張っていらっしゃるので、仲間に入れていただけると嬉しいです(^-^;)

7月3日に腎全摘手術を受けました
ちよ(1073)投稿日:2006 年 7 月 27 日 22 時 51 分 <木>東京都/女性/35才
初めましてm(_ _)mニックネームはちよと申します。今年の5月末頃にひょんなことから腎腫瘍がCTで見つかり、8cmと大きくて、主治医の判断ではおそらく癌であろう...ということで、腹腔鏡手術により腎全摘手術を受け、病理検査の結果、やはり癌でした...細胞異型度2、T2との診断でした。嫌色素性腎細胞癌と書いてありましたが、インタ−ネットで調べても、あまり詳しくは出ていませんでした。比較的進行の遅い癌と主治医は言っていましたが、どうなんでしょう?色々教えて下さい。よろしくお願いします。

Res:ひろ(1082)題名:私もです
投稿日:2006 年 7 月 30 日 3 時 36 分<日>宮城県/男性/42才
初めまして。
私も腎細胞癌の中では一般的な淡明細胞癌ではありませんでした。
ちよさんよりさらに少数派かもしれない、嚢胞性乳頭状腎細胞癌という診断結果でした。
嫌色素性腎細胞癌は一般に予後が良いと書いてあるHPがあります。

http://home.hiroshima-u.ac.jp/urology/gakusei/jingan.html

もちろん癌ですから油断はなりませんが。
ストレスをためずに頑張りましょうね。

Res:himiko(1083)題名:今さら、恥ずかしいですが
投稿日:2006 年 7 月 30 日 10 時 11 分<日>埼玉県/女性/40才
ちよさん、ひろさんはじめまして。
H16年1月オペのhimikoといいます。
ちよさんの書き込みを読んで、今更ですが、「腎がんって他にどんな種類があるのだろう?」と改めて思いました。
私自身は淡明細胞がんでした。
私の知識では腎がんのほとんどは淡明細胞がんで、他には乳頭状がん、嫌色素性細胞がん、集合管がんなどがある・・・と言うくらいなのですが、実際この手のことが詳しく整理されているサイトって無いですよね・・・
私は女性腎がん患者のメーリングリストをやってますが、そこでもちらっとこんな話題が出ました。
この際、ご存知の方に詳しく教えていただきたいと思います。
よろしくお願いします。

ひろさんの情報によるとちよさんの「嫌色素性腎細胞癌」は予後が良いと
の事で、よかったですね。もちろん侮れませんが安心材料の1つでは有りますよね♪

私の父は甲状腺がんですが、甲状腺がんは大きく分けて4つ。「乳頭がん」「濾胞がん」「髄様がん」「未分化がん」があるようですが、「未分化」とそれ以外の3つでは天と地の差なのです。
甲状腺がんはがん全体の中でも最も治癒率の高い種類に入るようですが、ただし「未分化がん」だった場合は一気に難治がんの代表選手と言うことになります。
本当にがんは細かく分類されていて、臓器が違うだけではなく、同じ臓器のがんでも全然状況が変わってくるので難しいです。
実は私は乳がんも患っていますが、乳がんの情報量に比べて腎がんの情報の少なさには前々から不満を感じていました。
患者数の違いだと言えばそれまでですが、患者がいる以上、正確な情報が欲しいですよね・・・・・
とは言え、情報は情報で、確率・統計はそれがすべてでは無いと思っていますが・・・

http://www.geocities.jp/himiko3366/

Res:ままちゃん(1087)題名:こんにちわ
投稿日:2006 年 7 月 30 日 16 時 18 分<日>静岡県/女性/49才
ちよさん 私の息子は 腎臓良性腫瘍のオンコサイトーマでした。
半分に割られたその腫瘍は 驚くほど大きくきれいでした。 手術後の説明時に大柄な主治医が両手で触りながら容器から落としそうになりました。「こんなにやわらかい」と主治医は 何度も言っていました。
息子の年齢 腫瘍の大きさなどから息子の病理は特別に時間が掛かったそうです。その病理には 息子の腫瘍の可能性として3つ上げられていまして その中に多少類似するものとして嫌色素性腎細胞癌がありました。あの時は 病理を聞いても不安ばかりで 横文字だらけのあれこれをかなり検索をしまして ひろさんの紹介されたところを最初に見つけたときは うれしかったです。書かれている事が理解できない中で 予後が良い、はうれしかったです。これが 病理前に息子の主治医が何度も言われた「万が一ガンであったとしても良いもの」なのか?と思いました。
息子の病理は 淡明細胞癌 嫌色素性腎細胞癌の2つの可能性を否定してのオンコサイトーマに一致する、、というものでした。病期も悪性度も記入は有りません。
「息子さんの腫瘍は悪性度が悪くない」と言う主治医に「良性なのに悪性度?」と思わず質問した「良性腫瘍とは 例えばG1くらいなのですか?」主治医「ハイ」
自分にとって思いがけない答えを聞いた私でしたが その時に思い出した夫の病理は GIよりもG2がほんの少しだけ多い だったのです。息子の病理結果を聞いて 私は息子の想像していなかった今後の不安と夫の今後の少しの安心 でした。

主治医が 病理の説明時に「腫瘍に腺を引く事は出来ない、症例もないわけではないので 息子さんには5年間は検診をさせていただきたい。無罪方面 はい さよなら〜には出来ない 」と言われました。「症例?」と 私はがっかりしました
良性腫瘍の手術後にどのような症例があるのかも聞けませんでした。
夫は 確かな腎ガンなのに「大丈夫でしょ」と最初から4ヶ月検診 ところが良性腫瘍の息子がこれからも検診が?と 不安倍増でした。
あの頃は 息子の将来を心配してくださる主治医の慎重な気持ちもわかりませんでした。が 最近の夫の件もあり 何の因果か親子揃ってあっという間に1つになってしまった大切な腎臓です。今は5年どころか一生こまめな検診を受けて行く事が大切だと気がつきました。検診はドキドキですが 何事も早期発見ですから、  
毎日明るく楽しく とにかく 前を向いてと心がけながらも 
油断をしないで暮していかねば、と 思っています
 

Res:try(1088)題名:はじめまして
投稿日:2006 年 7 月 30 日 19 時 18 分<日>東京都/男性/25才
はじめまして。
私の母は7月中旬に腎細胞癌と診断されました(最初に行った病院では「腎盂癌」と診断されたのですが、大きな病院でさらに詳しく調べたところ間違いなく「腎細胞癌」だそうです)。
ちよさんの書き込みを見て、初めて腎細胞癌の中にもたくさんの種類があることを知りました。予後の良いタイプでよかったですね。
腎癌は一般的に進行が遅いそうですが、情報が少ないと良く分からないですよね。
母は今週末に入院、手術をすることになりました。主治医の先生にお話を聞く機会もあると思うので、そのときでよければ質問してきますので!

参考:ハスミワクチン
通りすがり(1081)投稿日:2006 年 7 月 29 日 22 時 16 分 <土>
下記のURLの ANo.3 がここの掲示板の方々に参考になるかもしれません。

http://okwave.jp/kotaeru.php3?qid=2270197

スーテントについて教えてください【訂正】
希望(1079)投稿日:2006 年 7 月 29 日 13 時 00 分 <土>秘密/女性/41才
先ほど書き込みしたメッセージに訂正があります。
取り寄せたスーテントの量は「2530錠」の間違いでした。m(__)m

東京女子医大のお医者様からメールが
三川(1075)投稿日:2006 年 7 月 28 日 15 時 18 分 <金>東京都/男性/58才
 みなさんこんにちは。
昨日東京女子医大泌尿器科担当の小林先生からメールをいただきました。
内容はつぎの様でした。
「私は、主に泌尿器系の悪性腫瘍をお持ちの患者さんと接しております。
日常診療の他に免疫治療、特に悪性腫瘍に対する細胞治療の研究にも携わっております。
私たちは、進行した腎癌にたいする新しい免疫療法を京都大学と開発し、今回文部科学省
の「がんトランスレーショナル・リサーチ事業」で臨床試験を行うことになりました(研
究そのものは2年ぐらい前に朝日新聞で紹介されております)。そこでこのHPをご覧に
なっている患者さんやそのご家族に少しでもお役に立つことができるのではないかと思い
メールした次第です。
国の事業の臨床試験なので細かい制約があり、どなたにもできるということではないので
すが、ご興味があれば東京女子医大泌尿器科のHP
http://www.twmu.ac.jp/TWMU/Medicine/RinshoKouza/094/Urology/
から臨床試験のお知らせを見ていただければと思います。」
ホームページのタイトルは
「結核菌抗原類縁体を利用した癌標的免疫療法の確立-γδ型T細胞の示す抗腫瘍作用の臨床応用-臨床第I/II相試験 のお知らせ」です。
興味のある方は覗いてみてください。
直接見られる方はつぎのアドレスを入力してください。
http://www.twmu.ac.jp/TWMU/Medicine/RinshoKouza/094/Urology/ku/index_clinical_trial1.html
http://toubyounomori.mikawanomori.com

Res: ちょっと幸せ(1077)題名:免疫療法
投稿日:2006 年 7 月 28 日 23 時 30 分<金>東京都/女性/48才
 2年くらい前のものですが、がんの免疫療法についての国立がんセンターの先生の講演です。今回の臨床試験が画期的なものであればよいのですが、「免疫療法の難しさ」の理解も必要かと思い、御紹介します。
 http://www.ncc.go.jp/jp/ncc-cis/pub/events/041127a.html#01

術後1年後の検査結果
edamame(1049)投稿日:2006 年 7 月 23 日 10 時 44 分 <日>千葉県/男性/54才
ご無沙汰しています。1年前左腎臓を全摘出手術し、現在元通り仕事に復帰したedamameです。
◆術後1年の検査結果
 再発、転移はありませんでした。
◆しかし、CT検査で肺の下側が繊維状になっているので、肺繊維症(間質性肺炎)の可能性があると泌尿器のS路Drに言われました。すぐに呼吸器内科の予約を入れてもらいました。
◆呼吸器内科のTDrに診てもらったところ、ビミョーであるとのことで、とりあえず血液の検査をしてもらうことになりました。
3ヶ月前の肺のCTでは、写っていなかった繊維状の白い影が今回写っているそうです。
◆現在息苦しいことはありませんが、体質でもある痰を伴う咳はよく出ます。2ヶ月位前にかなり咳が出たことがあります。肺繊維症は、息苦しくなり、空咳が出るそうです。
心配事ばかりです。
◆血液検査の結果は今度の金曜日です。

腎癌との関係は無いといわれましたが、
誰か参考になることがあればなんでも結構ですので、教えてください。
現在、間質性肺炎の掲示板に書き込みました。
http://bbs.infoseek.co.jp/Board01?user=ipf_info&pn=1


http://www.geocities.jp/edamame200507/index.html

Res: 三川(1064)題名:1年クリアーよかってですね
投稿日:2006 年 7 月 27 日 12 時 17 分<木>東京都/男性/58才
 edamameさんこんにちは。
このところ忙しくてレスできなくてすみません。
術後1年の検査に関しては問題がなかったとのことよかったですね。
しかし新たに肺繊維症かもしれないとのこと心配ですね。
これに関してはここではやはり無理かもしれませんね。
父が胸部外科の医者でしたので、生きていれば聞けたと思うのですが、残念です。
明日が検査結果を機器に行くのですね。
たいしたことではないことを祈っています。
報告よろしくお願いいたします。
http://toubyounomori.mikawanomori.com

Res:edamame(1076)題名:血液検査の結果異常なし
投稿日:2006 年 7 月 28 日 22 時 15 分<金>千葉県/男性/54才
三川さんレスありがとうございます。
血液検査の結果は、問題なしでした。様子見になりました。CT撮影の時に肺が圧迫されて影が出来ることもあるそうです。待たされている間は、心臓がバクバクしていました。インターネットなどで肺繊維症を調べたら、難病指定されており不治の病です。最近ストレスがたまっており、心配でした。お互いストレスには、注意しましょうね。
三川さん、これからもよろしくお願いします。
http://www.geocities.jp/edamame200507/index.html

 次ページへ

Copyright (C) Kazuo Mikawa, 2000 - 2009, All Rights Reserved.