「みかわの森」へようこそ 若年認知症介護 腎細胞癌その後 前立腺がん 数学教育 の4つの森があります


初期症状 ピアノ練習
開始へ
ちいたび会 就労支援 注文をまちがえる料理店 演奏の機会
就労企画に参加する
大起エンジェルヘルプでの就労の話
ちいたび会と大起エンジェルヘルプとの共同企画の認知症の人対象の就労企画がありました
泰子は日頃から少しでも何かの役に立ちたいと言っていました
一夫が話をしたら是非やりたいと答えました
ちいたび会の理事長たちと大起エンジェルヘルプに行き話を聞きました
とてもいい話で泰子はやってみたいとやる気を見せました
問題は一人で家から通えるかでした
自転車で行く練習をする
2016年9月16日
 自転車で行き見学しました
 どうやら仕事をさせてもらえるようでした
2016年9月17日
 泰子一人で自転車に乗って行ったようですがどうやら新宿の方へ行ってしまったようでした
2016年9月19日
 今回も環七から青梅街道を新宿方向へ左折しましました
2016年9月21日
 環七は順調に過ぎ最後の左折ところでまごついていました
2016年9月22日
 どうやら行けるようになりました5回目です
2016年9月23日
 午前中二人で行き午後は一人で何とか行くことができました
2016年9月30日
 一夫は社長さんと就労の条件等の話をし泰子はグループホームを見に行きました
 
雇用契約をし就労できることに
2016年10月11日
 泰子自転車で仕事に出かけました
 私は雇用契約をしについて行きましたが担当者がいなくてすぐに帰りました
2016年10月12日
 一人で自転車で行き14時30分に無事に帰って来ました
2016年10月13日
 私は雇用契約をしに行きました
 週5日・1日3時間労働で契約しました
2016年10月14日
 仕事始めて4日目です
 とても楽しいと言って明るくなりました
就労中にトラブル発生
2016年12月
 昼食の準備を一緒にしています
 その時男性の利用者さんが「手伝わない」「片付けない」「お礼も言わない」
 そんなことが続いていて腹を立てていました
 すると何と過呼吸になってしまいました
 その後は昼食の準備は止めることになりました
 さらに勤務時間を午前中だけにすることになりました
最大の危機が

主治医の不用意な発言以来様々なことで怒り出しました

⒈ 急に私の所に来て「言ってなかったけど、私がカンパネラを弾いているとき父さんが『うるさいから弾くの止めろ』と言ったのでそれから私一度も弾いていない。」と怒り出しました
⒉ 8月のとき「それで私はピアノが弾けなくなったんだ」とすごい剣幕で私を責めていました
⒊「父さんは好きなことやって来たからいいが、私は忙しくてやりたいことが出来なかった」と言ってきました
⒋「父さんは冷たい人だ。私がどんなに辛い思いをしているのか理解していない」と怒り出しました
などです

2017年に入り一夫のチェロの発表会が近づきはじめると
 練習に出かけることを拒み始めました
 したがってチェロの練習もままならなくなりました
2017年3月27日
 とうとう「みんなに迷惑かけたくないし,これ以上生きていても辛いだけだ。死んでしまえば解放される」と言い出しました
 後で振り返ると「一人にされ相当不安になったのだ」と思いました

危機少し改善する

2017年4月2日
 チェロ発表会に一緒に行ったのですがすぐに帰りたいと言い始め演奏できずに帰りました
 これ以上続けるとさらに症状が進んでしまうと思い50年続けてきたレッスンを止めることにしました
 2017年8月20日の50周年記念音楽会も参加できませんでした
 50年の集大成として準備をしていただけに一夫はとてもショックでした

その後お陰様で泰子落ち着きました
この頃一夫は1番気が動転していたきちんとした判断ができなかったのだと思いました

初期症状 ピアノ練習
開始へ
ちいたび会 就労支援 注文をまちがえる料理店 演奏の機会
介護の森
認知症に
なるまで
二人が結婚し泰子さんが認知症になるまでの音楽活動
ピアノが
弾けなくなる
ピアノが弾けなくなってからの奇跡の復活(注文をまちがえる料理店)
NHKの取材で放映される
NHKの取材の様子
ハートネットTVで放送されるまで
まったく
弾けなくなる
完全にピアノが弾けなくなり車椅子の生活に
介護について
介護をするに当たり気をつけたことや工夫したこと