「みかわの森」へようこそ 若年認知症介護 腎細胞癌その後 前立腺がん 数学教育 の4つの森があります


       
気をつけたこと 脳の活性化 徘徊の対応 荒れていた時の様子 在宅介護 介護用品
在宅介護
着替えについて
多少一人でできるとき

多少できないと自信を失うのでそうならないようにサポートする

  • 着る順番に置いておく
  • 前後ろが分かるように後ろの襟付近に記し(ワッペン等)をつける
  • 順番に渡す

  • 一人でできなくなったとき

    ぴったりしたものだと着せにくくなるのでたっぷりしたものやサイズを一つ上にするとよい

    長袖の場合
  • 袖口から着せる人の手を入れる
  • 握手をする
  • 袖口までたぐって着せる
  • 肘まで着せる
  • 肩を合わせる
  • 反対側も同様に着せる
  • 全体を整えて着せる

  • トイレとショーツ(パンツ)
    一人でできるとき トイレも一人でできるので時間を見計らって行くように促しました

    失禁が心配されるようになったら失禁ショーツ(パンツ)やパッドを使う
    失禁ショーツは使わずパッドですませました

    一人でできなくなったら パンツタイプ(リハパン)とパンツ用パッドを使う

    始め大きさのこと考えずにLLを購入したらさすが女性なので嫌がりました
    パッドを使うとそれだけ変えればすむので作業もしやすいし金銭的にも助かります
    また補助がでますのでケアマネジャーに相談します
    杉並区では上限が7,000円で1割負担ですみました

    歩けるうちはこまめにトイレに行かせられるので2回吸収ですみます
    段々難しくなったり心配でしたら5回吸収のパッドを使うといいです

    トイレが言えなくなってきたらできればリハパンのサイズを大きくした方が漏れにくくなると思います
    夜はなかなか起こしてトイレに行かせるのも大変ですので7回吸収のリハパンにするといいと思います

    立てなくなったり摑まり立ちができなくなったら
    テープタイプと尿取りパッドを使う

    外出中のトイレは介護者が特に男性だと女性用トイレに入りづらいです
    どちらにしても多機能トイレを探して行くといいです
    今はかなり充実していて結構あります
    スマホアプリにありますので利用するといいです

    歯磨き
    一人でできなくなったら 最初のうちは一人で歯は磨いていました

    しかし段々上手に磨けなくなってきました
    同じ場所ばかり磨いたりです

    仕方ないので仕上げをするようにしました
    しかし口の中って暗くて見づらいです
    歯医者さんでは光を当てて見ているのを思い出しました
    防災グッズの中にヘッドライトがあったのを思い出しました
    さっそく使って磨きました
    とてもよく見えて綺麗に磨けるようになりました

    つぎに自分でクチュクチュできなくなりました
    そんな時被せてあったのが取れてしまったので訪問歯科をお願いしました
    先生がスポンジブラシを使っていました
    これだと思いネットで調べたらありました
    さっそく購入しました
    とってもうまくいっています

    もし車椅子を使っているようでしたらチルトできるのにすると体を斜めにできるので磨きやすいです
    我が家ではマッサージチェアがあったのでそれに座らせ傾けて磨いています



    気をつけたこと 脳の活性化 徘徊の対応 荒れていた時の様子 在宅介護 介護用品
    介護の森
    認知症に
    なるまで
    二人が結婚し泰子さんが認知症になるまでの音楽活動
    ピアノが
    弾けなくなる
    ピアノが弾けなくなってからの奇跡の復活(注文をまちがえる料理店)
    NHKの取材で放映される
    NHKの取材の様子
    ハートネットTVで放送されるまで
    まったく
    弾けなくなる
    完全にピアノが弾けなくなり車椅子の生活に
    介護について
    介護をするに当たり気をつけたことや工夫したこと