腎細胞癌Q&A

質問 腎細胞癌とは
答え 腎臓癌は、尿をつくる 尿細管細胞 から発生する癌です。腎臓癌は、小さいうちはあまり症状がないため、 以前は早期発見が難しく、大きくなって、血尿がでたり、痛みがでたり、患者さん自身がお腹の腫瘤に気づくまで 発見できませんでした。しかし、最近では人間ドックでの超音波検査の普及や、他の病気でCTがとられる機会が増え、 小さい段階で見つかるようになってきました。このような段階で見つかった場合は転移がみられることはまれです。 しかし、時間の経過とともに、腫瘍は次第に大きくなり、リンパ節 や肺や骨などの他の臓器に転移をおこすことがあります。肺転移が起きると咳、 痰、血痰がでたりしますし、骨転移が起きると痛みや手足のしびれがでたりします。  また、多発することも腎臓癌の特徴です。つまり、ある腎臓に検査で1個の腎臓癌が見つかったときに、 その腎臓の他の一見正常そうに見える部分にも画像検査では見つからない小さな癌が隠れていることがあります。これを 衛星病変 と呼びます。直径4cm以上の大きな癌では約10-20%にみられるとの報告もありますが、 小さな腎臓癌でも皆無ではありません。  また、手術時に癌のなかった反対側の腎臓に、のちに腎臓癌ができる割合は1-2%あります。 【北海道大学大学院医学研究科腎泌尿器外科学講座】より http://toms.med.hokudai.ac.jp/patient/disease/kidney/kidney.html
11264



Copyright (C) Kazuo Mikawa, 2000 - 2004, All Rights Reserved.