「みかわの森」へようこそ 若年認知症介護 腎細胞癌その後 前立腺癌  数学教育 の4つの森があります


    
現在の前立腺がんの治療方法について
放射線療法について

 近年機器の進歩により「強度変調放射線治療(IMRT)」とよばれる高度な治療法が開発されたそうです
 従来よりも安全に放射線治療が行うことが可能になってきたそうです
 以前は2Gy×39回=78Grと長期に渡っての治療だったそうです

 今回はもっとも短い1週間5日で終わる治療を選択しました

 治療の効果等どんな違いがあるかお聞きしました
 違いがないとのことでした

 その前にホルモン療法があります

 
放射線療法
強度変調放射線治療(IMRT)
2.5Gy×28回=70Gy
週5日×5週と3回で28回
7.25Gy×5回=36.25Gy
週5日の5回
 小線源治療
13.5Gy×2回=27Gy
3泊4日を2回
 
ホルモン療法ついて
 男性ホルモンががん細胞を活発化するそうでそれを抑えるためにホルモン療法をするとのことでした

 ビカルタミド80㎎毎朝1錠ずつ飲む
 3か月に1回ゾラデックスLA10.8㎎デポのホルモン注射
 
前立腺の森へ戻る
前立腺の森
検査状況の
一覧
2011年にPSA値11.13になり
9年後の2020年
の生検検査で
とうとう癌に
治療について
放射線治療
について